MMAh

1/22ページ

クレイモア吸血鬼の旅行記96 ノヴィスワールド-賢者ウィルルの憂鬱 後編-

~???~ 天井から頬に落ちる水滴が、朦朧とした意識を現実へと引き戻した。あれからどれだけの時間が経ったのか…。ぼんやりした意識を覚ます痛みに顔をしかめ、身動きしようにも手首は上方からの鎖に繋がれていた。裸に剥かれた己の身体を見つめ、ウィルルは気を失うまでの出来事を思い出した。

1 22