月明かりの祝福『アドニス』

elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説29 今年の成長チェック(519年)と父と子

*今回、ほぼ小説みたいな内容になります。 ????「よく眠れ…よく眠れ…私の可愛いアドニスよ…」 懐かしい声が聞こえ、ひんやりと冷たい手に頭を撫でられる。それに安心感を覚えた。このまま囁かれる言葉どおりに眠ってしまいたい…そう思えたが。この声の主と早く話したくてたまらない気持ちの方が勝ち。目蓋を開けると…紫色の瞳と目が合った。
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説28 思い出のジュアの抱き枕

アドニス(父上がノースティリスに来る……嬉しい、嬉しいが) 考え込む少年は、ぼんやりと上の空で釣った魚を調理し…キレアジの刺身を作った。アドニスは料理の技術の向上を感じた。新しい称号を獲得した! アドニス「…パルミア一番?」
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説27 地獄パレードへようこそ!

「うぐぐ…!」「うぐぐ…!」「うぐぐ…!」 アドニス「ぬ…?なんだろう…どこからか呻き声が聞こえて」 ヨウィン馬のノトはもちを詰まらせて死んだ。
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説26 燃え燃えきゅんきゅん

ミア「ふえぇぇぇっ!?きっも!なんですか、この血みどろスパゲッティは」 デイビッド「ミンチ肉の方が近くないっすか?」
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説25 曇りのち牛日和

~奇妙な屋敷~ ルシアン「なんだこの部屋!?」 ミア「ふええぇ…爆弾岩と相部屋です。ボク、即ミンチですよー!?」
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説24 ノースポイント-アンタレス-

雷鳴が響く大雨の中を歩き、一行が到着した場所。そこは恐るべき毒の怪物が潜んでいるという猛毒の巣窟だ。 アドニス「ふぅ…服がびしょびしょだ」 ルシアン「じゃあ、服脱ぐ?焚火でも囲む?そして、裸で」
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説23 ノースポイント-死の連鎖-

静まり返った寝室。朝日の光が零れる窓から、小鳥のさえずりが聞こえる。プチのぬいぐるみの上でうつ伏せに転がる半妖精は、主である少年の顔をジッと見つめていた。 アドニス「…」 ミア(うひひ…ドニちゃんの寝顔かわいい~)