elonaプレイ日記

elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説29 今年の成長チェック(519年)と父と子

*今回、ほぼ小説みたいな内容になります。 ????「よく眠れ…よく眠れ…私の可愛いアドニスよ…」 懐かしい声が聞こえ、ひんやりと冷たい手に頭を撫でられる。それに安心感を覚えた。このまま囁かれる言葉どおりに眠ってしまいたい…そう思えたが。この声の主と早く話したくてたまらない気持ちの方が勝ち。目蓋を開けると…紫色の瞳と目が合った。
elonaプレイ日記

クレイモア吸血鬼の旅行記115 汝のペットを愛せよ

神殺しをしますわよー!と。願いの杖を持った少女は微笑む。どちらかといえば真面目な彼女にしては突拍子もない発言だ。しかし、吸血鬼は理由を察していた。
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説28 思い出のジュアの抱き枕

アドニス(父上がノースティリスに来る……嬉しい、嬉しいが) 考え込む少年は、ぼんやりと上の空で釣った魚を調理し…キレアジの刺身を作った。アドニスは料理の技術の向上を感じた。新しい称号を獲得した! アドニス「…パルミア一番?」
踊れ月光『アネモネ』

クレイモア吸血鬼の旅行記114 無性の癒し

眩い光と共に現れるのは金色の衣を纏った可憐な乙女。翠玉色の美しい瞳、一筋の橙色が入る、緑の波打つ長髪。雲のようにふわふわとした重量感のある大きな翼と、小さな翼のような耳が印象的だ。彼女は…癒しのジュア。女神だ。"願い"に答え。皆が望む姿を形成し。地上の生き物と同じ肉の身体を得て、降臨したのだ。
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説27 地獄パレードへようこそ!

「うぐぐ…!」「うぐぐ…!」「うぐぐ…!」 アドニス「ぬ…?なんだろう…どこからか呻き声が聞こえて」 ヨウィン馬のノトはもちを詰まらせて死んだ。
elonaプレイ日記

クレイモア吸血鬼の旅行記113 ノヴィスワールド-暴食の魔女 後編-

それは幼い少女だったものだ。すべてを飲み込み、嚙み砕かんと大きく開いた口。ギョロギョロと動くひとつ目は飢えた獣のように血走っており。隆々とした巨大な両腕に捕まれたら、一巻の終わりだろう。その怪物の名は暴蝕の魔女《ディールミィル》だ。
elonaプレイ日記

聖騎士吸血鬼の伝説26 燃え燃えきゅんきゅん

ミア「ふえぇぇぇっ!?きっも!なんですか、この血みどろスパゲッティは」 デイビッド「ミンチ肉の方が近くないっすか?」