クレイモア吸血鬼の旅行記6 ギルドで就職



アネモネ「あちこちで依頼を受けているうちに、達成していたので報告に来てやったぞ」

ドラクル「戦士ギルド加入おめでとうございます。お嬢様」

アネモネ「ふふん。しばらく貴様らのギルドに属してやるのである。感謝せよ」
ドリア「…」(いつまで入口に立っているんだろ。この人たち)

 



アネモネ「ほう。戦士ギルドマスターはなかなかに美しいのである。我と一杯お茶でも…」
フレイ「なんの ようだ!」

アネモネ「我と食事でも…」
フレイ「なんの ようだ!」

アネモネ「ドラクルの転職をお願いするのである」

 



アネモネ「ふむ。戦士ギルドだけあって、近接系な職業で揃っているのである。ドラクル、何にする?」

ドラクル「そうですね。戦士にしましょうか。現状、私の戦闘スタイルに合っていると思います」



ドラクル「これで少しでもお嬢様を守れたら幸いです」

アネモネ「貴様に守られるほど我は弱く… 生命力10であるな。ドラクルも生命力10であるが。まあ、頼りにしておるぞ」

 

各ギルドのマスターがPCとペットを転職させてくれるように変更。転職するたびにギルドランクが下がります(omake)この機能って、どのヴァリアントからだっけ?と調べたらomakeだったのね。
MMAだと、ペットを含む好感度が親友以上の無職のNPCの就職活動を支援できるように。というのがありますが… 戦士ギルドに入団したついでに、ささっと就職させました(まあ、後で知ったしな)

 



アネモネ「そういえば信仰してなかった。ということで、神々の休戦地に来たのである」

ドラクル「パルミアから道なき道を歩いてお疲れでしょう。温かい飲み物でもご用意しましょうか?」

アネモネ「こんな場所だが、お茶の用意ができるのか…?」

ドラクル「私の懐に一式をしまっていますので、すぐに用意しますね」(と言う懐から折り畳み式テーブルを取り出した)

アネモネ「貴様の懐は四次元ポケットか。いや、我が使っているバックパックも似たようなものか。入れすぎると重さで潰れそうになるが。まあよい、用意せよ」

ドラクル「はい。いつもの紅茶を淹れますね」


近接で戦っているのでオパ様を信仰しました。黄金の騎士は賜っても、ペットにしないで旅立たせるかな。次にペットにしようと思っているのは吸血コウモリ… このまま種族:コウモリで縛るか?

 




アネモネ「さて、そろそろ我らの力を試す時であるな!と、適当なネフィアに潜ったが… ふふ、ふはーはっはっはっはっ!片腹痛いわ!ぬるいぬるすぎるのである!!はははははは!!!」

ドラクル「さすがでございます。お嬢様。この調子で地獄のネフィア(ドラゴン系だらけ)に行ってみましょうか」

アネモネ「ぬっ!?そ、それはまだ早… また今度にな。我は疲れたのである」

ドラクル「そうでございますか。ベッドをご用意しますね」

アネモネ(紳士な物腰で、なかなか鬼畜発言をする奴である…)