oomEx

幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演61

ヴェント「うめき声が聞こえる扉をなんとなく開けたら、部屋いっぱいにうごめくゾンビたち…その中心にはグランドピアノ。なんかの映画のシーンみたいだな~」 シャムロック「ピアノに仕掛けがあって、隠し部屋への道が現れそうでありますね」 ヴェント「まあ。採掘で壁掘り掘りしたり、メテオをドーンとやれば仕掛けなんて意味ないけどな」 シャムロック「守るべきルール、順序というものがあるのですよ…」 ...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演60

ロイターの肩は最高だ。 ヴェント「やっぱ鍛えられている部分が美味しいよな」 シャムロック「身をもって、味わっていましたよね」 ヴェント「もう過去のことさ! 今じゃ、ジャンジャンおひねりをくれるようになったよなー」 ヴェント「うおっ!? カエデと丈太郎が一瞬でミンチになった!」 ヴェント「そこにいる2匹のグリーンドラゴンの攻撃でミンチにされたようだな」 シャムロック「...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演59

シャムロック「あれは… 願うことで見れるという@殿じゃないですか。すくつに出てくるのでありますね」 アネモネ「Qy@と奇妙な言葉を叫んでいるが、なんである?」 シャムロック「ある世界で使われる詰んだ時の自殺コマンドらしいですね」 ヴェント「頑丈なロープを使わずに、Qy@と言うだけで死ぬなんて。恐ろしい世界だな~」 シャムロック「この世界はアイアンメイデン、ギロチンなど、うっかり盗もうと...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演58

ヴェント「うわーねこー」 にゃーうみゃーにゃあぅーにゃんにゃにゃにゃぁーんにゃふーみゃーみゃみゃうみゃーにゃーうみゃーにゃあぅーにゃんにゃにゃにゃぁーんにゃふーみゃーみゃみゃうみゃーにゃーうみゃーにゃあぅーにゃんにゃにゃにゃぁーんにゃふーみゃーみゃみゃうみゃーにゃーうみゃーにゃあぅーにゃんにゃにゃにゃぁーんにゃふーみゃーみゃみゃうみゃー ヴェント「…エヘカトル様……」(あなたはひど...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演57

カエデ「まあ、僕をネフィア探索に連れていってくれ」 ヴェント「へ? 会話の流れ的に断れると思ったぜ」 カエデ「わからなかったの? その無駄な行動を観察したいから、同行するよ」 ヴェント「わからねーよ!」 シャムロック「いつも黙々と研究室に居る方でしたが、このような人だったでありますね…」 カエデ「…ああ、そうだ。丈太郎くんも同行させてほしい」 ヴェント「誰だ?そいつ」 カエデ「こ...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演56

ヴェント「マオちゃんと会うのはこれで2回目か。いまだ、アナタンに会えてないんだよな~」 シャムロック「偉大なる冒険者と呼ばれる存在のようですし。ヴェント殿のような変人は避けられているかもしれませんね」 ヴェント「ひどーい。俺はとっても愉快な冒険者なのに」 ヴェント「さぁーて。ダリアが育ってきたことだし。それなりに育成の要領もわかってきた。なので、今回から新しいメンバーを2人同時に...
幻影の炎『ヴェント』

踊り子エレアの公演55

ヴェント「驚きというものは、思いもよらないことが起こった時に感じるものだよな」 アネモネ「そうであるな」 ヴェント「階段を降りて、ネフィアボスがいる最深部に着いた!と思う前に秩序のユニコーンがいて… ホント驚きだよなぁ!」 アネモネ「まったくであるな! こんなに早く再会するとは!」 シャムロック「ヴェント殿!アネモネ殿! のんびり話してないで、戦ってくださいっ!!」 ヴェント...