クリスマスの恒例行事

「・・・・」
 サタンはしばらく無言で立ちつくしていた。
 目の前にあるそれに、
 目の前にあるそれに、
「すーすー」
「ぐぅ・・ぐぅ」
 カーバンクルを抱き締めて眠るアルル。
 可愛いねこ模様パジャマを着ていて、襟元からのぞく白い鎖骨も可愛くて・・・。
「むむぅ・・!」
 寝顔を見るだけのつもりだったが・・。
 可愛い。可愛すぎる。
 なんて可愛いんだ。
 このまま抱き締めて、キスをしてしまいたい。
 目を覚ましたアルルは嬉しいってくれるだろうか?
 嫌・・って言われたら、悲しいな。
 けれど、抱きしめたい。
 キスをしたい。
 愛しているのだから、誰よりもなによりも・・あの人より・・きっと。
 今の私にとって、とても大事な少女だ。
 もう一度たった一人の人間を愛そうと思えたのだから・・・。
「アルル・・お前はなんて答えてくれる?」
 その答えを聞くために、アルルに口づけとするサタン。
 だが、
「待て、ロリコン魔王」
「貴様・・邪魔するではない!」
 お邪魔な変態が現れた。
「ふ・・邪魔なのは貴様だ。アルルは俺のものだ」
「寝ぼけたことを言うな、愚か者。アルルは我が妃だ」
「・・・・」
「・・・・」
 ぶつかりあう、赤い目と蒼い目。
 二人の間でばちばちと、激しく魔導力の波動がぶつかりあう。
「アレイ・・」
「ギガ・・・」
 互いに強力な呪文を唱えようとした時。
「ぐぅ!」
「カーバンクルちゃん!?」
「ま、まさか!?」
 そのまさかであった。
 いや、お約束と言うべきか。
「ぐぐぅ♪」
 カーバンクルの額の宝石から放たれる、強烈なビーム。

「ぎゃあああぁぁぁ!!」
「ぐわあああぁぁぁ!!」

 哀れな男二人は外へ弾き飛ばされた!

「ぐぅ♪」
「あれ、カーくんどうしたの。ベットから落ちたの?」
 それになんか、ものすごく聞き覚えがある悲鳴が聞こえたような気がする。
「ぐぅぐぐぅ。ぐ~ぅ」
「眠たい?それならほら、僕の腕の中でおいで、カーくん」
「ぐー」
 カーバンクルは嬉しそうに、勝ち誇ったように鳴いて、アルルの腕の中へ飛び込んだ。

 

2009/12/25
お約束です。