ぷよ魔導

1/3ページ

もうひとつのED

 声が聞こえた。  低く穏やかそうな、感情がこもってない冷たい男の声。 「200年前・・私の肉体は勇者に砕かれ、そして魂は今あなたに・・。  ですが、これで終わりではありませんよ!  すでにあなたの魂には闇の種が植えられ、芽が顔を出しました。  私にはわかりますよ・・いずれ咲く花の色が美しい闇の黒であるというのが・・・!」  それは呪いの言葉。  自分を永遠に縛り付けることになるだろう、呪いの言葉 […]

途切れた糸

 伸ばされた手。  細長い指。冷たいほど白い色。  血のように赤い唇。実際にその唇は血の赤で彩られていた。  中性的な顔は、最後まで微笑んでいた。 「    」  最後に何と言ったのか。  覚えていない。いや・・認めたくなかったのだろう。  決意したつもりでいた。  永遠に眠らせてやると。すべてを俺に委ねて・・。 「私はずっとあなたの側にいますよ・・」  そんなに信用できないか。 「運命というもの […]

SSS2

甘い【アルル】  キミの唇は甘いね。  ボクの唇がとろけそう。  なに照れてるの?  無理やり奪っておいて照れるなんて、やめるなんて言わせないよ。  ねぇ、キミはどんな味がする?  ボクの味は、  甘くて、とけそう?  ねぇ、もっとキミの味でとろけえさせて、ボクはキミの中でとけそうなんだ。 歪曲恋愛【病み気味アルシェ】  綺麗だな、と見つめるんだ。  だって本当に綺麗だから、  銀の雨のような美し […]

ある日の平和な平原にて

 そいつはいつも微笑んでいて、  そいつはいつも俺の側にいる。  背後から抱きついてきて、  いつもドキドキさせられる・・。  温度がない、冷たい手。  視界に映る髪は、俺と同じ銀色。 「あなたと私は一心同体なのです・・」  と耳元で囁いて、  それに俺は、  俺は、 「いい加減にしろ!元祖変態が!」  と、怒鳴りつけて、その元祖変態男に殴りかかる。が、すり抜けた。 「この程度で動揺するとは、まだ […]

たまにはこんな日

 うららかな陽気。  穏やかな風が吹く午後。  ふと、呟く。 「おなか空いた・・」  そう呟いたのは白い魔導服を着た青年。  珍しい銀髪に青い目で、なかなか美形だが・・  ぐぅぅぅぅっ~。  その青年の腹から響く音ですべてが台無しとなっていた。  ぐぅぐぐぅ~。  まるでどこかの生物の鳴き声のようだ。 「ぐっ!」  その音に引き寄せれたのか草むらから現れる黄色い生物・・カーバンクル。 「呼んでない […]

嫌いな理由

 眠っている・・?  碧い草原の上に散る銀色の髪。  閉じられた白い目蓋。  深緑のローブの上に黒い外套を着た、魔導師らしい格好をした男。  かつて、賢者の都ラーナを滅ぼし、罪もない多くの人間を虐殺・・という悪の華を咲かした闇の魔導師。  名はルーンロード。  勇者によって倒された後もこの世に執着し、  次代の後継者を新しい自身の身体として、その魂を殺そうとした邪悪なる亡霊。 「のくせに、こんな場 […]

1 3