ウィッチの夢

「あなたが…ほしいですわ」
 いつもどおりな、平和な午後。
 シェゾを待ち構えていたウィッチは、いつもどおりセリフを言った。
「…いいぜ」
「え?」
 シェゾはそう答えた。
 自ら服を脱いだ。
 すがすがしいほど、ばさっとパンツ一丁の姿になった。
「ええ~!!?」
 顔を真っ赤にするウィッチ。
 シェゾはウィッチを押し倒した。
「さぁ、俺が欲しいだろ…」
「え、え?あ、あの……」
「おのれ!闇の魔導師め!」
 ラグナスが現れた。
「いたいけな少女を襲うとは…この変態め!」
 光の剣を抜き、シェゾに向かってそう言い放った。
「無理やりじゃねぇ。ウィッチが欲しいって言ったから、それに答えただけだ」
「ウィッチ…こんな変態がいいのか!…なら、オレもお前好みになる」
 そう言い放つとラグナスも服を脱いで、パンツ一丁の姿になった。
「ええぇっ!?」
「ウィッチ、俺がほしいだろ?」
「ウィッチ、オレの方が君を幸せにできる!」
 せまる男二人。
 せまるパンツ一丁。
「きゃあああああああっ!!!」

「ウィッチ」
「いやあああああっ!!」
「ウィッチ、落ち着いて!」
「はぁはぁ…ラ、ラグナス?」
 荒い息を抑えながら、ウィッチは彼の姿をよく見る。
 いつもどおりの金色の鎧を纏った格好だ。
 パンツ一丁ではない。
「はぁ~なんだ夢でしたのね…」
 やれやれと、手に握っていた布切れで汗を拭う。
「えっと…ウィッチ、その手の握ってるのって…」
「え?」
 よく見ると、布切れは黒い色でどっかで見たことがあるようなもので、
「……」
 まるでシェゾのパンツみたいで…
「いやああああああああっ!!?」

 

2009/10/31
ハッピーバースデー・・・って、どこがだよ
なぜかこうなったんだ。ごめんよ、ウィッチ