SSS1

輝ける高貴なる花

 その娘は美しい、美しい娘だ。
 豊かなサファィアブルーの髪。閉じられた白い目蓋。まだ未成年と思えないほど、熟した身体。
 一番部下であるバンパイアが選んだだけあって、私の好みどおりの処女だ。
 ベットに上を横たわり無防備に見せる寝顔に、無意識に手を伸ばしてしまった。
 柔らかで暖かい肌。
 それに自分の手の冷たさに気付いてしまう。
 その違いに、娘から離れる。
 この娘はただの獲物。
 この渇きを潤すいけにえだ。
 その以上の感情など・・必要ない、必要ないものだ。
「執事・・」
「はっ」
「後はまかせたぞ」
「仰せのままに・・伯爵様」

 その美しさに、もう少し愛でたいと思った。
 その輝ける高貴なる花を、

 

2010/01/24
おじさんでも、恋をするという話です

嘘予告

 それは聖夜に現れる。
 赤き衣を纏いし者。
 白き袋を手に、
 雪が降り積もる空から、
 それは現れる。
「ふふふっ。ついに、ついにこの日が来たぜ」
 裸身に赤きマントを纏いし、変態が、
 白き袋から、悪夢を撒き散らし、
 悪意というプレゼントを配る。
 闇のサンタが・・・。
「いやあああぁぁ」
「きゃあああぁぁ!」
 聖夜に響く、乙女の悲鳴。
「あ、主ぃぃぃ!!」
「しくしく・・そんな子に育てた覚えはありません・・」
 影で泣く。哀れな剣と、先代様。
「いい加減にするのだ。愚か者が!!」
「君がそんな人なんて、裏切られたよ・・。だが、正義の名のもと逝ってくれ!!」
 信頼を裏切られた者たちの、悲しき戦いがはじまる・・・。

 

2009/12/19
日記の載せていた思いつき予告。我ながらシェゾの扱いがひどい。