クレイモア吸血鬼の旅行記62


着ぐるみのバイトは火の巨人『エボン』を切り払い 破壊した。 バイト「ジュアさまああああああ!の信仰よろしくうううっ!!」狂信者たち「ジュア!ジュア!癒しのジュア!!」

アネモネ「おおお!今年のノイエルの火祭りを眺めていたら、エボンが住民によってミンチにされたのである。人間は成長するのだな~」
エリザ「毎年、エボンを放つアホがいれば強くなるのは当然だと思いますわ。アホ吸血鬼」
アネモネ「ふははははっ。火事と喧嘩は祭りの花と言うではないか。我は花を供えているだけだぞ」
エリザ「どこが花ですのっ!!毎回毎回、少しでも目を離すとエボンを解放して!街の人の迷惑を考えてくださるっ!!」*ぐぐぐぐ* 少女は力強く吸血鬼の頬を引っぱった。
アネモネ「ぬぐわぁっ!?いひゃ…いひゃたたたたっ…!そんにゃに…強くひっひゃるともげ…ぬわああああああああああああっ!!」

 

ノヴィスワールドでのログがまだまだあるけど、そろそろメインデータでのプレイ状況をまとめておかないと何を書こうとしたのか忘れそうなので。今回は成長記録と雑多なまとめになります。
ところで、アネモネのプレイ日記を書き始めて1年経つねー 月日の流れは早いものだ。

 


・アネモネ
筋力:55 → 119
耐久:118 → 180
器用:55 → 131
感覚:65 → 157
習得:75→ 322
意思:27 → 126
魔力:38 → 129
魅力:43 → 119
速度:145 → 174

全体的なステータスが3桁に。畑を増築したことによって、習得が他と比べてえらい上がっている。


・ドラクル
筋力:66 → 205
耐久:78 → 213
器用:258 → 430
感覚:136 → 278
習得:263 → 426
意思:58 → 206
魔力:274 → 443
魅力:75 → 227
速度:176 → 258

大体900個収穫できるキュラリアをクミ祝福し。それぞれ300個渡して、どんどん食べさせているので、アネモネの倍に育っているな。


・エリザ
筋力:75 → 214
耐久:87 → 224
器用:270 → 433
感覚:122 → 268
習得:273 → 436
意思:42 → 200
魔力:291 → 464
魅力:57 → 209
速度:198 → 255

ドラクルとジルのポトレ追加したけど、エリザは”まだ”なんだ… 誰だよこんなにフリルが付いたデザインにしたやつ(←)


・ジル
筋力:53 → 193
耐久:89 → 215
器用:270 → 422
感覚:107 → 257
習得:272 → 433
意思:39 → 193
魔力:291 → 463
魅力:52 → 203
速度:243 → 256

1番速度が高かったが、ルルウィ祝福肉まんじゅうで全員の速度を平均的に上げたことによって1番遅くなってしまった。速度が上がる装備をさせたいね。

 


エリザ。習得可まで詠唱スキルが上がったので、麻痺の矢→混沌の瞳に変更。
最近、ふと思ったのだが魔法戦士ではなく神官にした方がバフ回復面で活躍するのでは…?RP的に器用貧乏な魔法戦士がいいんだけどねー(頑張るお嬢様っぽい感じで)


ジル。魔法の矢→魔力の集積。ギルドでの変更ではなく、詠唱スキルLV121以上でLVUP時に進化しました。後から習得させるでも、MMAでの変更点が機能するようだね。

 


何を望む? アネモネ性別変更であーる!!
鍛冶屋の店主のログサードはになった!…もう後戻りはできないわよ。
ログサード「?」
エリザ「あああああなたっ!?なんてことをしていますのっ!!」
アネモネ「ぬう?どこぞの冒険者かのように性転換趣味に目覚めたわけではないぞ。安心せよ」
ドラクル「そうでございますか。お嬢様のためなら、いつでも女になってもよいと思っていましたが…残念ですね」
アネモネ「…そ、そなたはそのままで充分素晴らしいぞ」(…何か別の意味に聞こえるが……気のせいであろう)
エリザ「そういう問題じゃないですわよ。他人の性別を勝手に変えてしまうなんて…」


ログサード「やったー♪可愛い女の子の姿だ!あの女たらしと同じ顔だと言われ続けられて苦労していたんだ。ありがとう♪」
アネモネ「本人は大喜びだぞ。我も目当てのエンチャントが付いた装備が出るまでリロードするたびに、あの顔を見て腹立たしくなることもない。大団円ではないか。ははははははははっ!」
エリザ「ええー…」
ドラクル「エリザさん。世の中には可憐な女性になりたい、あるいは女性のように綺麗な服を着たい願望を抱く男性がいるのですよ」
エリザ「…」(少女はふとジルを見つめた。ドレス姿に慣れすぎて忘れているけど、性別:男の子)「そうですわね…」

 


アネモネ「我が錬金術…そして裁縫スキルを合わせ…」


アネモネ「鍛冶屋からコツコツと買い集めた物からエンチャント抽出し、ひとつの装備として合成できるのだ!ふはーっはっはっはっはっはっ!!」
エリザ「錬金術は理解できるのですけど…お裁縫?それに、使う道具がフライパン…?」
アネモネ「ふふふっ。昔から様々な技術が合わさることによって素晴らしいものが出来るのだぞ。ふむ、この装備はジルにやろう」
ジル「わぁ~ ありがとうございますマスター♪大好きですですー♪」

 

MMAhの変更より。2種/3種アーティファクト合成のレシピを習得している状態で、テスト用フライパン又はナベから合成できるようになります。
合成できるのは「生き、スタック、大事なもの」でない奇跡品質。同じ種類の装備のみ。
生産難度が高い程、付与されたエンチャントの強度が強い程合成が難しくなり、成否に関わらず最初に選んだ装備は失われず、2、3番目に選んだ装備は必ず失われる。
成功すると2、3番目に選んだ装備の全てのエンチャントから強度が強い順に最初に選んだ装備へエンチャントが付与されます(最大15個まで) 合成された装備は神器品質になります。


アネモネ「ドラクルにはこれを渡そう。存分に力を振る舞うがよい」
ドラクル「素敵な指輪でございますね。ふふっ、ますますお嬢様を喜ばせるために頑張りますね」


エリザ「ルビナス製のペリドット… 鮮やかな緑に赤色かかっていて、不思議な色合いになっていますわね。これを私に?」
アネモネ「卵型にカットされた宝石は夜にも光り輝き、類まれなる生命力を象徴しているという… エリザに是非、身に着けて欲しいと思ってな。気に入ってくれたか」
エリザ「…大事にしますわ」 少女は嬉しそうに微笑みを吸血鬼に向けた。