イラスト:オリジナル(1枚)

某所で動かし、また別の場所で動かすあたり気に入っているんだよな。交流ゲー向きのキャラではないが。

空箱シリーズより、悪魔のルイ

もっとも暗い夜明け前に生まれる闇。人を惑わし、狂わせる魔力を持ち。人を食料とする悪魔(キャラ紹介ページから抜粋)

世界に生命を与える大樹の根本から産まれた。周りにある命を次々と喰らっていく蠢く黒の化け物。それを見つけた黒いエルフ『ライ』に拾われ育てられる。与えられる様々な知識から、人のような喜怒哀楽を覚え… 『ルイ』と名乗り、美しい少年の姿に変じるようになる。
ルイはお話の中ではなく、実際に海や山や人が住む街を見てみたいと思い、兄さん…ライに旅行に出たいと言った。エルフは止めることなどせず、悪魔を森の外へ連れ出した。
どこまでも広い世界にルイは大喜びし、次はここに行きたい。あっちにも行きたい。と好奇心のまま、望みを兄にお願いし。ライは穏やかに笑いながら、弟の我が侭を聞いていく。
ある日、悪魔は街ですれ違った美しい少女に見惚れ。彼女と仲良くなりたいと思った。…無意識だった。彼女の心を惑わし、恋人がいたのに。心変わりさせて、彼女を自分のものにした。だが、様子がおかしいと周囲の人間によって、彼女は正気に戻され。恐ろしい悪魔だと拒絶された。
悪魔ははじめて悲しみを知った。こんな感情知りたくなかった。と、衝動のままに兄が眠っている廃教会に燃やし、海へ飛び込んでいった。何年か流されつづけ、とある小さな島に流れ着く。そこでデイジーという少女に出会う。悪魔はまた恋に落ちるのだ。

 

ルイはとても我儘なやつです。自分のことでいっぱいいっぱいで他人を思いやる余裕がなく、自分の辛い気持ちを隠せずに周りに気遣われる。メンタルがよわよわで、めんどくさい子。
デイジーが死んで100年ぐらい経った後はけっこう強かで嫌味な野郎になっているけど、彼なりの処世術なのだろう。それでカイルくんにあまり好かれてないが… 「悪魔と契約するということは騙される覚悟を持ってください」というルイなりに相手を考えての行動らしい。

ところで、キャラ紹介ページの世界観説明文ってすべて人間視点が書かれた情報なので、人間が知らないことは書かれてない。間違っている部分もあるのです。